御嶽海は母と仲が良い?経営するスナックの場所と「しこ名」との関係

名古屋場所では大関昇進に一歩届かなかった関脇の御嶽海。雰囲気が少し違うと思っていましたが実はフィリピン人の母を持つハーフ力士なんですね。

そしてその母大道マルガリータさんと御嶽海の関係はどんな感じなのでしょうか。そしてマルガリータさんが経営するスナックの場所としこ名の関係、について調べてみました。

スポンサーリンク

御嶽海と母マルガリータは仲が良い?

御嶽海とマルガリータ2

関脇の御嶽海、母はフィリピン人大道マルガリータさんです。その母マルガリータさんと御嶽海の関係はどんな感じなのでしょうか。御嶽海は本名が大道久司ということで、家ではヒーくんと呼ばれています。

日本で育て始めた3歳ごろまでフィリピンで育児をしていたそうです。取材に対して、マルガリータさんは以下のように答えています。 

「向こうではジャスティンって呼んでたね。3歳ごろから日本で育てはじめて、ヒーくんの名前をつけました。相撲は小学1年から。相撲は勝っても負けてもしっかり礼をするでしょ。それが素敵だなって、礼儀が身につけばいいなって思ってやらせたんですが、どんどん強くなっていったね」

「言葉はタガログ語と日本語、英語も少し喋れる。ヒーくんが私と話すときはいつもタガログ語。勉強熱心だよ」

「頑張って強くなってほしいし、どんどん優勝もしてほしいけれど、優しいままでいてほしい

「本当に仲いいですよ。今でもママ、ママって呼んで。ママの料理、食べたがりますね。フィリピン料理ね、ココナツ入りのカレーとか」

参照:「御嶽海」ママのフィリピンパブに行ってみた

仲のいい親子のようですね。ちなみにジャスティンというのはミドルネームで、タガログ語はフィリピンの最も主要な言語です。

長く住んでいたわけではないのに母の母語であるタガログ語を勉強して話そうとする姿がほほえましいです。

御嶽海の母マルガリータのスナックの場所は?

御嶽海の母マルガリータ

御嶽海の母マルガリータさんはスナック「ナイト・イン・マルガリータ」を経営しています。そのお店は長野県木曽町にあります。

 大相撲名古屋場所で96敗としながらもあと一歩10勝に届かず大関昇進を逃してしまった御嶽海。

関取が47年間不在だったという長野県は上松町(木曽町の隣)出身ということで、地元では御嶽海が「勝った」「負けた」が挨拶がわりになっているのだとか。

御嶽海の母マルガリータ2

そんな長野木曽町2017年12月からスナックをされているのが母のマルガリータさん。35人ぐらい入るお店で、手伝いの日本人とフィリピン人が4人おり、1セット2500円で飲み放題だそうです。

写真なども飾ってあるそうなので、御嶽海のファンの人は一度訪れて昔の話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

御嶽海の母マルガリータのスナックの場所としこ名の関係は?

御嶽海

母マルガリータさんのスナックの場所と御嶽海のしこ名に関係なんてあるの?と思われるかもしれませんが、御嶽海の出身である長野県上松町、そしてお隣の木曽町御嶽山(おんたけさん)のすぐ麓の町ですね。

 御嶽山噴火があったことで被災者に配慮し「みたけうみ」となっていますが、御嶽はもともと御嶽山のこと。ちなみに「海」は御嶽海が所属する出羽海部屋からきています。

 海のない長野県で御嶽「海」というのも変な感じがしますが、ある後援会の方が「海のない長野県だが、御嶽海という大きな海を手に入れた」と言ったという逸話が残っています。

御嶽海と母マルガリータ

御嶽海の母マルガリータのスナックの場所はどこ?のまとめ

関脇の御嶽海の母マルガリータさんのスナックの場所と、しこ名の関係、母子の関係について調べてみました。

  • マルガリータさんと御嶽海は仲の良い親子で母子はタガログ語でコミュニケーションしていること
  • 御嶽海の母マルガリータさんのスナック「ナイト・イン・マルガリータ」長野県木曽町にあること
  • 御嶽海の名前は出身地であり母のスナックがある長野県木曽町の傍にそびえる御嶽山からきていること

 が分かりました。外国人力士は増えていますが、珍しい日本人とフィリピン人のハーフの力士ということで、これからの活躍に期待したいですね。

御嶽海2

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク