下薗利依は元宝塚で実家がドッグサロン!春風亭昇太との結婚生活は?

8月3日の「嵐にしやがれ」には春風亭昇太さんがゲスト出演されますね。長年独身ネタを披露し続けてきましたが、59歳にしてついに結婚。

そのお相手が元宝塚の下薗利依(宝珠小夏)さんです。昇太さんが書いた似顔絵なども披露されていますが実家の仕事など実際どんな方なのかご紹介します。

スポンサーリンク

下薗利依はドッグサロンを経営する実家で家業に携わっている

下薗利依
  • 本名:下薗利依(しもぞの りえ)
  • 生年月日:1978年8月28日
  • 出身地:東京都世田谷区
  • 身長:160㎝

下薗利依さんは実家の稼業に関わるお仕事をされていて、順調な経歴をお持ちです。

  • 叔父である吉澤英生(「貧乏人が犬を飼ってていいのか?」などの著書もある犬界の権威)に師事(2001年)
  • ドッグサロン「VERONIQUE」をオープン(2003年)
  • 「青山ケンネルカレッジ」の学長に就任(2005年)
  • NPO法人「日本動物福祉職能協会」理事長に就任(2008年)
下薗利依学長

現在関わっているものも実家の家業に関係する仕事で多岐にわたっています。特にペットショップの先駆けとなった青山ケンネルは1956年創業という長い歴史を持っています。

  • 動物看護や愛犬美容を学ぶ国際動物専門学校を経営する「シモゾノ学園」副理事長
  • 働きながらプロドッグスタイリスト、トリマーなどになれる「青山ケンネルカレッジ」学長
  • グルーミングやペットホテルを備えた「青山ケンネル」専務取締役
  • ペットの飼育やしつけ、高齢者福祉施設への動物の派遣なども行う「日本動物福祉職能協会」理事長
  • ケーナイン・ライフプランナー(「日本動物福祉職能協会」の登録商標)
スポンサーリンク

下薗利依は元宝塚女優

下薗利依さんは東京の学校を卒業し、実家に戻られるまでは宝塚歌劇団におられました。

宝珠小夏
  • 出身校:東京女学館小・中・高校を経て宝塚音楽学校入学(1995年)
  • 宝塚歌劇団入団(1997年)
  • 父親の病気を理由に退団(2001年)

東京女学館は小中高の12年で2000万円学費がかかるというお嬢様学校です。

宝塚歌劇団では雪組の「宝珠小夏」という名で娘役を演じていました。

しかし、2001年6月24日の「猛き黄金の国/パッサージュ-硝子の空の記憶-」公演を最後に引退しています。わずか4年間という短い宝塚時代でした。

下薗利依、春風亭昇太と結婚して生活はどうなる?

下薗利依理事長

タカラジェンヌから、犬や動物を扱うプロフェッショナルへと大きな転身をし、40歳になった今年7月に春風亭昇太さんとの結婚が報じられました。

14年ほど前に知人に食事に誘われた際に知り合った」そうで、3年ほど前に「熱海五郎一座」を下薗さんが観劇に来たのをきっかけに二人で会うようになったようです。

下薗利依と春風亭昇太

春風亭昇太さんといえば、年収1億円とも言われ世田谷に豪邸を持っていますが、下薗さんは資産50億円とも言われるペット関係の会社の重役であり、お互いに忙しい身の上です。

テレビで放送される豪邸に下薗さんが住んで生活を共にするようになるのか、注目されます。

まとめ

春風亭昇太さんと結婚された下薗利依さんについてご紹介しました。

タカラジェンヌからペット業界の中心的ポジションへ、そして噺家さんと結婚という目まぐるしい人生ですね。今後お二人でテレビに出演されたりするのか、要チェックです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク