台風19号(ハギビス)は超危険!自力で避難する時に必要なアイテムは?

10月12日20時頃には東京を直撃しそうな台風19号(ハギビス)ですが、気象庁は早々と警戒情報を出し、鉄道各社や航空会社も運休を決め、お店からは食べ物がなくなるなどの状況になっています。

この台風が現在どのような状態なのか、各地で相次ぐ河川の増水の状況、停電や断水で復旧が見込めない場合に被害エリアの外に行くために必要なものなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

気象庁が10月12日15時半に大雨特別警報静岡、神奈川、東京、埼玉、群馬、山梨、長野1都6県に発令しています。最大限の警戒をして外出は控えましょう。

台風19号情報追記(12日19:00)

18:50気象庁発表の予報

最新の情報によると台風19号は18時時点で下田まで30kmということでそろそろ関東に上陸している時間ですね。

955hPaまで少し小さくなったものの、依然として最大瞬間風速は60m/sと相当激しいです。これは時速216kmですので開業当初の新幹線の最高時速で物が飛んでくるわけですから外は出歩かないのが鉄則です。

台風19号 はとにかく規模が大きい

台風19号 気象庁発表
気象庁による発表(12日15時45分時点)

台風19号の特徴はその大きさにあります。10月12日の15時時点で945hPaと950を割り込む巨大さです。

台風の目が二つあるのが確認されたとも言われていますが、これはアメリカの基準でカテゴリー5の大型台風によく見られる現象だそうです。

中心気圧が低かった台風リスト
気象庁発表の中心気圧の低い台風

過去の台風の中心気圧の大きい順に並べたものを見てみると、東海地方に甚大な被害をもたらした伊勢湾台風が929hPaと異常に低いですが、その他の台風も含め日本に上陸したのは20年以上も前のこと。

しかもこれらの台風のほとんどは九州地方に上陸した時点のもので、首都圏を直撃する今回の台風とは大きく異なります。

スポンサーリンク

台風19号の降水量800mm!河川の氾濫に注意

Windyの画面
風の変化などがよく分かる”Windy”

今回の台風19号で予想される最大の降水量は東海地方で800mmにもなります。日本の年平均降水量が1718mm東京では1466mmということを考えると、台風一発で年間降水量の半分が一気に降ることになります。

既に12日正午の時点で静岡県伊豆市で517.5mm神奈川県箱根町で507mmの24時間降水量を観測しており、10月1か月分の降水量の約半分がわずか1日で降っています。

台風の通過に伴いさらにこの降水量は増えていくことが予想されます。異常な降水量なので、河川は氾濫する可能性が高いと見ておいた方が良いでしょう。

加えて14日の満月に向けて12日からは大潮でもあるため、高潮で沿岸部への浸水被害が増えることも予想されます。

台風19号による河川の増水情報が続々

台風19号の影響で多摩川など河川の増水情報が続々と出てきています。

河川が氾濫すると下水が逆流するといったこともおきますので、水嚢をトイレなどに入れて逆流を防ぐ準備をしておく必要があるかもしれません。

水嚢は大きめの45lのポリ袋などに20lほどの水を入れたもので、これで蓋をすることで逆流を防ぐことができます。

台風19号でライフライン復旧が長期化するなら被害エリア外に避難も一つの案

台風15号 千葉 被害

台風15号でも問題になりましたが、千葉の房総半島で電気や水道などのライフラインが寸断され、道路も通れないため物資がなかなか届かないといったことが起きました。

しかし、アクアラインを通って東京に出ればガソリンも食糧もあり大きな問題がなかったことに気付いた方もいるのではないでしょうか。

台風15号 千葉 電柱倒れる

広範囲にわたってインフラがダメージを受けた場合、復旧までにかなりの時間がかかることがあります。そういった場合は被災地にとどまらず、いったん外に出るというのも一つの選択肢となります。

その際に目安となるのが山に行く時にテント泊するための装備です。これらのものがあれば、空き地や道路脇にテントを張って移動しながら被害エリアの外まで辿り着くことができます。

・大きなザック
・テント
・シュラフ or サバイバルシート
・マット
・ヘッドランプ or懐中電灯orソーラーライト
・バーナー・キャンピングガス・コッヘル
・アルファ米等の携帯食糧
・山に行く時の服装+雨具+防寒具
・登山靴などの丈夫な靴
・携帯用の地図
・ナイフ、マッチ、ライター、ロープ、テーピングテープなど
・背負えるだけの水

加えて以下のものがあれば、日中日が差していればヘッドランプなどの電池や携帯電話の充電も可能になり、水の確保も可能になります。

・携帯用浄水器
・エネループなどの充電池+それを充電できるUSB接続の充電器
・USBに充電できるポータブル太陽光パネル
・道路上に大きな被害がなければ自転車or車

もし車がつかえれば大きな問題にはなりませんが、通れる道路がなく徒歩で移動するとなると、これぐらいのものを持っておけば、数日のうちに安全な場所まで辿り着くことができるでしょう。

普通の人が歩くスピードは大体時速4km程度ですので、一日8時間として30km以上は移動することができます。これを目安に自力での避難を考えると良いでしょう。

仮に自転車があれば一日100kmぐらい移動できるのでさらに早く移動することができます。

こういった状況への参考になるかは分かりませんが、危機的な状況になった時どういったことが起こるのかを知るために「サバイバルファミリー」という映画をおススメしたいと思います。

山に登る時でもそうですが、常に何か起きた時のことを想定して準備をしておけば、いざという時に助かる見込みが上がります。自力で避難するという選択も含め、自分の命は自分で守るように心がけましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク